相談電話:042-729-4880
営業時間:10:00〜17:00
定休日:月曜・日曜・祝日
当店のご案内 症例別漢方薬 漢方豆知識 スタッフ紹介 会社概要 店舗地図 気功整体院
トップページへ おうかがい書 メール



古来より「女性の宝」として重宝されてきた「当帰」が、処方の約7割
を占め、冷え症・貧血・生理不順・
不妊症・更年期障害に効きます。



シソエキスを配合した、使用感サラサラの薬用クリームです。
弱酸性、無香料、無着色。
アトピー性皮膚炎・乾燥肌に効果が抜群です。



お肌を守る生薬成分シコン、ウイキョウ、センキュウ、ショウブコン、チンピを配合。
湿疹、しもやけ、肩こり、腰痛にいいです。

  このページの内容

季節の情報ご紹介しています。
   

ご相談をご希望の方は,「おうかがい書」に必要事項を入力し,送信してください.
その他のご相談方法は,このページの一番下をご覧下さい.

 トピックス

トピックスは随時ご紹介していきます. 


季節の養生編

 漢方医学の「養生」について 

  漢方医学における養生とは、人間は自然界の生き物として、
  体は自然界の様々な変化から影響を受けながら命を営んでいます。

  従いまして、生活に欠かせない衣・食・住も自然の移り変わりに順応し、
  日常生活の中から命を慈しみ、生きる力を養うと言った考え方です。

  漢方医学はこのような考え方のもとに特に重視しているのが、毎日の食生活です。
  食べ物及び飲み物は体に入り吸収されてから血となり、肉となるため、
  毎日の食事がその方の体を作っていると言っても過言ではありません。

  健康で丈夫な体を作るためには、季節の移り変わりに逆らえないようにし、
  栄養値がもっとも高い旬の食べ物を食べることです。
  それが「医食同源」の根源です。

の養生

秋は、自然万物の陽気が徐々に収まって、陰気が徐々に伸びる季節ですから、 体の代謝も陽が減って、陰が増える時期です。空気の湿度が低い為、肺機能に関わる鼻、喉、肌などが乾燥しやすく、トラブルが出易い季節です。四季養生の「春生、夏長、秋収、冬蔵」の理論では、秋は早寝早起き、食べ物は薄味を心がけるのが良いでしょう。 秋に体を整えて、冬を元気に過ごしましょう。肺の養生は、皮膚トラブルはもちろん風邪やインフルエンザなどの予防にもつながります。

秋の養生ポイント

1、水分をよく補い、体を潤す食べ物を食べましょう。
2、辛い物、油っこい物を控えましょう。
3、軽い運動で体の免疫力をアップすること。

秋の食養生

体に潤いを与える秋に収穫される果物であるブドウ、梨、ユリの根な どを召し上がるのがよいです。 また、秋に体の新陳代謝は春夏よりその活発度が落ち着くのでカロリー 等が蓄積やすくなります。加えて食欲の秋でもあるので、ついに食べすぎ たりして太りやすくなります。そうならないためには、食物繊維が豊富で カロリーが比較的に低いサツマイモ、サトイモ、キノコ類を召し上が るのがよいです。食物繊維は脂肪の吸収を抑え、腸の中をきれいに掃除し てくれる働きをし、キノコ類は免疫機能を高める働きもあります。

           ◆漢方は・・・

         ◎免疫力高めることができます。

         ◎細菌や花粉などの「外敵」の進入を防ぐ

         ◎風邪などから身体を守ってくれる。

         ◎体質改善が期待できる

         ◎眠くなりません
 

■ トピックス ■ ご相談方法 ■
■ 
このページの先頭へもどる ■

漢方薬のご質問・ご相談は,お電話・FAX,電子メール または,ご来店の上,店頭でもお受けしております.

 ■ お電話でのご相談をご希望の方

 ■ FAXでのご相談をご希望の方

042-729-4880 へ

042-729-4879 へ

 ■ 電子メールでのご相談をご希望の方

 ■ 店頭でのご相談をご希望の方

こちら へ

こちら へ
 

おうかがい書メール,お電話などでのご連絡は 「中国語でも対応可能」 です.