大木漢方薬局

症状別漢方治療

相談電話:042-729-4880
営業時間:10:00~17:00
定休日:月曜・日曜・祝日
当店のご案内 症例別漢方薬  トピックス スタッフ紹介 会社概要 店舗地図 気功整体院 
トップページへ おうかがい書 メール




  このページの内容

アトピー性皮膚炎の漢方医学
ニギビの漢方医学

ご相談をご希望の方は,「おうかがい書」に必要事項を入力し,送信してください.
その他のご相談方法は,このページの一番下をご覧下さい.

 

アトピー性皮膚炎の漢方治療

豆知識は随時ご紹介していきます. 

漢方医学のアトピー性皮膚炎の考え方

 アトピー性皮膚炎は表皮、なかでも角層の異常に起因する皮膚の乾燥とバリアー機能異常という皮膚の生理学的異常を伴い、(多彩な非特異的刺激反応および特異的アレルギー反応が関与して生じる、)慢性に経過する炎症と掻痒を
その病態とする湿疹・皮膚炎群の一疾患であり、患者の多くはアトピー素因を持つ。日本皮膚科学会の診断基準は、
①かゆみ、②特徴的な皮疹とその分布、③慢性・反復性の経過で、3つすべて当てはまるものをいう。

アトピー性皮膚炎の原因と症状

① 原因

 多くは環境中のダニや食べ物などの成分がアレルゲン(アレルギーの原因物質)となり、それらに対する免疫グロブリンE(IgE)抗体がつくられて、皮膚にアレルギー性の炎症を起こします。
 小児では、卵、牛乳、小麦などの食物が原因として多くみられます。その他、イヌ、ネコなどのペットのフケや毛 、体内や皮膚の表面にすんでいる真菌しんきん(カビ)などの成分もアレルゲンになります。
 また、皮膚の最上層である角層内の天然保湿因子やの細胞間物質(セラミドなど)の異常などにより皮膚のバリア 機能が損なわれ、冬の乾燥や夏の発汗、衣類などの刺激に対して皮膚が弱く、炎症を起こしやすい状態になります。 炎症を起こした皮膚の表面には細菌が増殖しやすく、さらに悪化させる要因になります。

② 症状

 年齢によって症状が異なります。乳児期には滲出液の多い紅斑が顔面や体幹、四肢にみられ、幼小児期になると首や 四肢の関節部などに乾燥性の病変がみられます。
 思春期や成人になると全身、とくに顔面、くび、胸背部などに紅斑や丘疹きゅうしん(ぶつぶつした隆起)などの 症状が強くみられます。ざらざらした黒ずんだ乾燥肌(アトピー皮膚)のことが多く、かゆみが強いために掻破そう はによる傷(かき傷)がみられます。

アトピー性皮膚炎の治療

第一段階

急性発作を抑える

 痒み、赤み、滲出、腫れは、アトピー性皮膚炎の炎症症状です。
辛いときには夜眠れないほど痒くなります。主に顔や手、足、肘、膝、首によく診られます。中には、局所から全身に広がった例も少なくありません。
 中医学的に「急則治其標」といい、急性期には、其の症状を先に改善していくという理論があります。その時期には、風熱、湿熱や血熱が原因と考えられることが多いです。

 治療の為の漢方処方は、十味敗毒湯、消風散、竜胆瀉肝湯やなど、去風清熱利湿作用のある漢方薬を用います。その他、症状に合わせ、白鮮皮、苦参、土茯苓、丹参、蛇床子、黄柏等を使うと、より早く症状が改善されることが臨床で明らかになっています。

 重症の方には、外用処方もありますので、外用薬を併用すると更に良いです。

第二段階

慢性症状の改善

 炎症を抑えても、皮膚を丈夫にしていかなければ新たな炎症がまた生まれます。アトピー性皮膚炎の基本は皮膚の乾 燥。皮膚表面の外壁が弱く、刺激や異物を受けやすい状態です。皮膚のカサカサ、皮がむける、皮膚が厚くなるなどの症状は中医学では血虚風燥とみて、治療には当帰飲子や十全大 補湯など養血作用のある漢方薬を用い皮膚に潤いを与え皮膚を丈夫にしていきます。

 赤みや強い痒みがある程度よくなったら、「緩則治其本」と言う理論により、身体の体質改善を目的に、以下のような症状を診ます。

 痩せている、肥満、便秘、下痢、寝不足、ストレス、皮膚の掻痒感、冷え、汗、疲れやすさ、食べ物の嗜好、お酒、喫煙等の症状を診ます。

 更に、漢方医学に基づく舌診や脈診等を、陰陽バランス、気血、寒熱あるいは内蔵関係を判断し、最適な漢方薬の処方を用いることが出来ます。

 当帰飲子、十全大補湯、加味逍遙散等の基本処方の上に、当帰、芍薬、乾地黄、菊花、金銀花、人参、柴胡等がよく加えられます。

症例①

男性 16歳 中学生

 勉強が忙しくなり、部活もハードなため対人関係でストレスが溜まり、幼少期にかかったアトピーが再発、再発、最初は肘と首だけ赤みと痒みが出ていたが、だんだん顔や全身に広がってきました。がっちりした体型で甘いものが好きでした。

 その時の診断では舌が赤く、まず、疲れやストレスが原因で身体の自然治癒力が低下、熱毒や老廃物を出す力が弱くなっていたので、去風清熱解毒の十味敗毒湯を基本に、黄柏、黄芩、山枙子等を加え、外用の処方の中に、黄柏、白鮮皮、紫根、苦参など七個の生薬を加えました。
 すると、一週間後痒みが改善され、一ヵ月後に、顔の赤みが取れました。また、その時に、全身症状の確認のうえ、念のために清熱解毒の処方にしました。

二ヵ月後には症状の大部分が改善されました。

 そのとき、体質と普段の生活習慣、ストレスの程度などを総合的に診て、肝気鬱滞の症状が見られたので、疎肝理気、自律神経のバランスをとる漢方薬と皮膚乾燥改善の生薬を加えました。

 その一ヵ月後の再来時には、性格が明るくなり、学校の勉強も楽しくやっていると報告されました。

 その後、体質改善と再発の予防の為、半俊くらい漢方薬を飲み続けました。

 現在は、体質改善のため、整体に通って身体の状態を調整しています。

症例②

40代 男性

 仕事の疲れから、時々皮膚が痒くなり、赤みが出る。便秘、肥満体質で、タバコは吸わないがお酒は少々たしなむ程度、コレステロール値も高く、代謝が悪い状態でした。

 舌診では、苔が厚い膩苔であり、舌質が暗紫でしたので、湿熱内薀、気滞血瘀の証だと判断しました。

 温清飲と加味逍遥散を基本に、丹参、赤芍、桃仁等、活血化瘀の生薬を加えた処方をしました。

 その後、便秘が改善され、体重が徐々に減り、半年後には、病院の再検査でコレステロール値が正常になり、皮膚の赤みや痒みも治りました。


 ニキビの漢方治療

豆知識は随時ご紹介していきます. 

漢方医学のニキビの考え方

 思春期における性ホルモンの変動、とくに男性ホルモンであるアンドロゲンの作用(女性でも副腎で産生される)により皮脂腺の分泌が多くなります。皮脂は毛嚢をへて外へ排泄されますが、遊離脂肪酸の刺激により毛嚢の出口に角質増殖が起こると、毛穴がふさがって皮脂がたまり、面皰めんぽうと呼ばれる初発疹ができます。毛嚢の出口にすみついているざ瘡(アクネ)桿菌のリパーゼなどの作用により炎症が起こります。

ニキビの原因

 ニキビの原因となる肺熱は、「五臓」の活動の原動力となる気と血、つまり機能である「陽」と、物質である「陰」のバランスが、ストレスや飲食の不摂生、過労などによって失われるために生まれます。
これに対して、外から侵入する原因には、自然環境の異常な変化である「邪」という発病因子があります。

ニキビの漢方診断と治療

 診断にあたっては、陰と陽、気と血のバランスの失調がどの内臓にあるのかをしっかりつかむことが第一です。
 そのうえで、熱を冷まして除く「瀉火」の治療法を使うのか、水を補って熱をしずめる「補水」の治療法を使うのか、あるいは、不十分な熱の働きを補う「益火」の治療法を使うのかをみきわめることが大切です。
 漢方薬は、「虚」「実」と、「真」「仮」といった熱の性質を考えながら、ニキビの色や大きさ、ニキビのできた部位、化膿の有無、舌象や脈象などをポイントにえらびます。

証型と漢方薬

肺経鬱熱
 熱が強く、顔面紅潮・イライラ・のどの渇き・化膿が強いといった症状があるときは、熱を冷ます力の強い「三黄瀉心湯」「黄連解毒湯」が効果的です。しかし、あまり長く使ってはいけません。そしてニキビが吹き上がらないように必ず平胃散との併用をします。併用しますと非常に良く効きます。

風邪
 汗が出ず、肩がこり、.顔面・口のまわり・背中にたくさんニキビが出て、浮いた脈をふれるときは、風邪を除き、熱を冷まして腫れや化膿を止める「清上防風湯」や「荊芥連翹湯」や「銀翹散」で治療します。

風湿
 「風湿」の邪によって皮膚の働きが乱れ、汗が出ない・体がだるい・鼻づまり・舌に白くべっとりした苔がつく・浮いた力のない脈などの症状をともなうときは、風湿を除いて化膿を止める 「十昧敗毒湯」を使います。

寒湿
 夏に冷たいものをとりすぎて嘔吐や下痢をおこし、「寒湿」の邪が皮膚の働きを乱してニキビができたときは、「か香正気散」で治療するといいでしょう。

食生活
 さらに食生活などの生活習慣を改善すれば、治療効果をより確実にすることができます。辛いものやあぶらっこいもの、熱いものや味の濃いものを食べすぎたり、酒を飲みすぎると、胃の中で熱が生まれます。この熱が上昇して肺の働きを妨げると、ニキビがあらわれます。



■ 漢方の豆知識 ■ ご相談方法 ■
■ 
このページの先頭へもどる ■

漢方薬のご質問・ご相談は,お電話・FAX,電子メール または,ご来店の上,店頭でもお受けしております.

 ■ お電話でのご相談をご希望の方

 ■ FAXでのご相談をご希望の方

042-729-4880 へ

042-729-4879 へ

 ■ 電子メールでのご相談をご希望の方

 ■ 店頭でのご相談をご希望の方

こちら へ

こちら へ
 

おうかがい書メール,お電話などでのご連絡は 「中国語でも対応可能」 です.